航空会社の予約

航空会社での予約のシステムは、利用者が増加し業務が複雑化したために、アメリカ式が導入されています。 手数料が高かった為、定額料金で利用できるよう、旅行会社を通さずにインターネットでの利用を可能にしました。 そのため、インターネットでの利用者が増え、手軽さや低料金というイメージが定着し、ミスの心配もなく安心して利用できます。 電話でも予約できますが、インターネットでもどちらも航空会社で義務付けられた電子航空券が発行されます。 予約のデータがコンピューターに記録され、お客様控えまたはPDFなどでメールにより送付されます。 航空会社によっては、webサイト上で確認できるようになっています。

旅行会社へ行く手間が省ける他に、チケットを無くしてしまう、盗難に遭うということを防ぐことができますので、安全で安心できます。 紙のチケットを発行する際の手数料も削減されました。

予約番号のお知らせがきますので、コンビニエンスストアなどで支払いできます。 空港のカウンターまたはコンピューターにより、予約番号、氏名等を入力し、搭乗券を受け取ります。 パソコンからeチケット控えを印刷、またケータイでのバーコードにより、搭乗券を使用しないで利用することもできます。